読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人なエンジニアの備忘録

好きなことを好きに描く、ん~のびしろですね!

SSDのStorageを使うときには。(VMware KB 2013188)

近年、SSDの需要が高まっていることは周知のとおりかと思います。
特に、ディスクI/O が高速であることもさながら、価格も下がってきており、
採用される企業も増加傾向にあります。

私が知る限りでも、増加傾向にあります。

 

ESXi でSSD ベースのディスク/LUN Arrayを利用する場合は、オプションを有効にする必要があります。

そのため、きちんとVMware KB が公開されています。

 

Enabling the SSD option on SSD based disks/LUNs that are not detected as SSD by default (2013188)

https://kb.vmware.com/kb/2013188

確認方法は簡単で、esxcli コマンドを実行して確認します。
---------------------------------------------------------------------------------

esxcli storage core device list
naa.60002ac000000000000000100xxxxxx
Display Name: 3PARdata Fibre Channel Disk (naa.60002ac00000000000000xxxxxx)


Has Settable Display Name: true
Size: 409600
Device Type: Direct-Access
Multipath Plugin: NMP
Devfs Path: /vmfs/devices/disks/naa.60002ac000000000000000xxxxxxxx
Vendor: 3PARdata
Model: VV
Revision: 3222
SCSI Level: 6
Is Pseudo: false
Status: on
Is RDM Capable: true
Is Local: false
Is Removable: false
Is SSD: false
Is VVOL PE: false
Is Offline: false

---------------------------------------------------------------------------------

赤字の箇所です。

 

日本語版のVMware KB 2092902 も公開されていますが、端折られている内容も多く、

英語版を見るほうがより確実です。

デフォルトでは SSD として検出されない SSD ベースのディスク/LUN に対して SSD オプションを有効にする (2092902)

https://kb.vmware.com/kb/2092902

 

このような部分は、ほとんどの場合は導入および構築したベンダーや企業で行われていることがほとんどです。

しかし、サイジング時の想定よりI/Oパフォーマンスが出ていない場合などは、念のために確認してみるのもよいかと思います。

 

今回はこのへんで。